善光寺の門前町

善光寺の門前町の成り立ち

信州を代表する名刹・善光寺の参道は、江戸時代の五街道に次ぐ重要な北国街道のルートでもあったとされています。北国街道は佐渡で産出する金を江戸へ運ぶという役割とともに、京都や江戸から善光寺へ参るための道として整備され、善光寺の門前町は宿場町としても栄えました。

善光寺の門前町へのアクセス方法

 

現在では、JR長野駅・善光寺口から善光寺までの約1.8キロメートルにわたる長野市中央通りとその周辺が、善光寺の門前町として親しまれています。しまんりょ小路や権堂アーケード、千歳町通りなど、趣のある通りを探して歩くのも楽しみのひとつです。

善光寺の門前町にある商店街へのリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA