日本百名峠

日本百名峠は、作家の井出孫六が編んだ1982年の同名の書籍で紹介されている峠です。山がちな日本の国土では、ちょっと足を伸ばすさいにも山越えが必要で、経済や交通の発展に伴い必然的に多くの峠が作られてきました。

選定の基準は明記されていませんが、同書のまえがきにはこう記されています。

そこで一年前、峠を愛する方々と相謀って、全国千余に及ぶ峠のなかから、およそ四百七十余りの峠を拾い出してみた。峠を通じて、日本列島全体を俯瞰するためには、地域が偏ってはならない。そこで北は北海道から南は沖縄まで一道一都二府四十三県からくまなく峠の代表を選出することを原則として、四百七十余から、百にしぼるためには多くの名峠に泣いてもらう必要があった。とりわけ東北、甲信越に泣いてもらった峠が多い。

制覇の難易度:
上記のように北海道から沖縄まで、全都道府県からまんべんなく選ばれている上、現在ではアクセスが困難または峠自体の通行が難しくなっている場所もあり得るので、事前の充分な下調べが必要となります。

ひとくちメモ:
帯のキャッチフレーズに「百名山の次には、峠の時代が来る」とあり、深田久弥による『日本百名山』を強く意識していることが伺えます。しかし、井出孫六によると「いつか、百の峠を歩いてみたいとそのとき思ったのは、深田久弥さんの名著『日本百名山』に刺激されてのことというよりは、峠の草に埋もれた歴史に魅きつけられてのことだった。」とのことなので、件のコピーは出版社の意気込みゆえ、でしょう。


北海道・東北

北海道

石北峠(せきほく)(Wikipedia
美幌峠(びほろ)(Wikipedia
狩勝峠(かりかち)(Wikipedia

青森県

矢立峠(やたて)(Wikipedia

岩手県

八幡平(はちまんたい)(Wikipedia
国見峠(くにみ)(Wikipedia
笛吹峠(ふえふき)(Wikipedia
五輪峠(ごりん)(Wikipedia
仙人峠(せんにん)(Wikipedia

宮城県

花立峠(はなたて)(Wikipedia
笹谷峠(ささや)(Wikipedia
刈田峠(かった)(Yamakei Online
金山峠(かなやま)(Wikipedia

秋田県

発荷峠(はっか)(Wikipedia
矢立峠(やたて)(Wikipedia
八幡平(はちまんたい)(Wikipedia
国見峠(くにみ)(Wikipedia

山形県

花立峠(はなたて)(Wikipedia
山刀伐峠(なたぎり)(Wikipedia
板谷峠(いたや)(Wikipedia
笹谷峠(ささや)(Wikipedia
刈田峠(かった)(Yamakei Online
金山峠(かなやま)(Wikipedia

福島県

板谷峠(いたや)(Wikipedia
大内峠(おおうち)(Wikipedia
六十里越(ろくじゅうりごえ)(Wikipedia
鳥井峠(とりい)(Wikipedia

関東

茨城県

境ノ明神峠(さかいのみょうじん)(コトバンク

栃木県

金精峠(こんせい)(Wikipedia
細尾峠(ほそお)(Wikipedia
境ノ明神峠(さかいのみょうじん)(コトバンク

群馬県

金精峠(こんせい)(Wikipedia
三国峠(みくに)(Wikipedia
暮坂峠(くれさか)(Wikipedia
十石峠(じっこく)(Wikipedia
碓氷峠(うすい)(Wikipedia

埼玉県

十文字峠(じゅうもんじ)(Wikipedia
雁坂峠(かりさか)(Wikipedia
妻坂峠(つまさか)(横瀬町観光産業振興会

千葉県

横根峠(よこね)(ヤマレコ

東京都

小仏峠(こぼとけ)(Wikipedia
御殿峠(ごてん)(Wikipedia

神奈川県

小仏峠(こぼとけ)(Wikipedia
足柄峠(あしがら)(Wikipedia
長尾峠(ながお)(Wikipedia

北陸・甲信越

新潟県

六十里越(ろくじゅうりごえ)(Wikipedia
三国峠(みくに)(Wikipedia
鳥井峠(とりい)(Wikipedia
関田峠(せきた)(長野県観光機構

富山県

倶利伽羅峠(くりから)(Wikipedia
朴峠(ほう)(ヤマレコ
針ノ木峠(はりのき)(Wikipedia

石川県

倶利伽羅峠(くりから)(Wikipedia
谷峠(たに)(Wikipedia

福井県

谷峠(たに)(Wikipedia
木の芽峠(きのめ)(Wikipedia
堀越峠(ほりこし)(Wikipedia

山梨県

雁坂峠(かりさか)(Wikipedia
大菩薩峠(だいぼさつ)(Wikipedia
御坂峠(みさか)(Wikipedia

長野県

十石峠(じっこく)(Wikipedia
十文字峠(じゅうもんじ)(Wikipedia
野麦峠(のむぎ)(Wikipedia
大門峠(だいもん)(Wikipedia
関田峠(せきた)(長野県観光機構
針ノ木峠(はりのき)(Wikipedia
修那羅峠(しょなら)(長野県観光機構
徳本峠(とくごう)(Wikipedia
和田峠(わだ)(Wikipedia
碓氷峠(うすい)(Wikipedia
杖突峠(つえつき)(Wikipedia
権兵衛峠(ごんべえ)(コトバンク
鳥居峠(とりい)(Wikipedia
馬籠峠(まごめ)(Wikipedia
青崩峠(あおくずれ)(Wikipedia

東海・近畿

静岡県

足柄峠(あしがら)(Wikipedia
長尾峠(ながお)(Wikipedia
青崩峠(あおくずれ)(Wikipedia
天城峠(あまぎ)(Wikipedia
宇津ノ谷峠(うつのや)(Wikipedia
本坂峠(ほんざか)(Wikipedia

岐阜県

野麦峠(のむぎ)(Wikipedia
馬籠峠(まごめ)(Wikipedia

愛知県

本坂峠(ほんざか)(コトバンク
伊勢神峠(いせがみ)(Wikipedia

三重県

鈴鹿峠(すずか)(Wikipedia
長野峠(ながの)(Wikipedia

滋賀県

鈴鹿峠(すずか)(Wikipedia
磨針峠(すりはり)(彦根観光協会
花折峠(はなおれ)(Wikipedia

京都府

堀越峠(ほりこし)(Wikipedia
京見峠(きょうみ)(Wikipedia
洞ヶ峠(ほら)(Wikipedia

大阪府

暗峠(くらがり)(Wikipedia
洞ヶ峠(ほら)(Wikipedia
和泉葛城越(いずみかつらぎごえ)(Wikipedia

兵庫県

船坂峠(ふなさか)(Wikipedia

奈良県

暗峠(くらがり)(Wikipedia
芋峠(いも)(Wikipedia
伯母子峠(おばこ)(ヤマレコ
竹ノ内峠(たけのうち)(Wikipedia

和歌山県

箕峠(みの)(峠データベース
札立峠(ふだたて)(峠データベース
和泉葛城越(いずみかつらぎごえ)(Wikipedia

中国・四国

鳥取県

鍵掛峠(かぎかけ)(Wikipedia
四十曲峠(しじゅうまがり)(Wikipedia
人形峠(にんぎょう)(Wikipedia
物見峠(ものみ)(コトバンク

島根県

赤名峠(あかな)(Wikipedia
乙女峠(おとめ)(Wikipedia

岡山県

船坂峠(ふなさか)(Wikipedia
四十曲峠(しじゅうまがり)(Wikipedia
人形峠(にんぎょう)(Wikipedia
物見峠(ものみ)(コトバンク

広島県

赤名峠(あかな)(Wikipedia
上根峠(かみね)(ひろしま文化大百科

山口県

欽明寺峠(きんめいじ)(峠データベース

徳島県

桟敷峠(さじき)(コトバンク
相栗峠(あいぐり)(峠データベース

香川県

相栗峠(あいぐり)(峠データベース

愛媛県

三坂峠(みさか)(Wikipedia
地芳峠(じよし)(Wikipedia

高知県

地芳峠(じよし)(Wikipedia

九州・沖縄

福岡県

八木山峠(やきやま)(Wikipedia
冷水峠(ひやみず)(Wikipedia
仲哀峠(ちゅうあい)(Wikipedia
三瀬峠(みつせ)(Wikipedia
岳滅鬼峠(がくめき)(Wikipedia

佐賀県

三瀬峠(みつせ)(Wikipedia

長崎県

仁田峠(にった)(長崎県観光連盟
日見峠(ひみ)(Wikipedia

熊本県

高森峠(たかもり)(ヤマレコ
日ノ尾峠(ひのお)(コトバンク
湯山峠(ゆやま)(コトバンク

大分県

岳滅鬼峠(がくめき)(Wikipedia
鉾立峠(ほこたて)(Wikipedia
三国峠(みくに)(Wikipedia

宮崎県

湯山峠(ゆやま)(コトバンク
国見峠(くにみ)(Wikipedia
中山峠(なかやま)(峠データベース

鹿児島県

耳取峠(みみとり)(枕崎市観光協会
本茶峠(ふんちゃ)(Wikipedia

沖縄県

多幸山フェーレー岩(たこうやまふぇーれーいわ)(沖縄観光コンベンションビューロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA