日本の駅舎 残しておきたい駅舎建築100選

『残しておきたい駅舎建築100選』は1994年にJTBより刊行された『日本の駅舎』で著者の杉﨑行康によって選ばれた100の駅です。選ばれた基準は「駅舎建築がマスプロ化する昭和二十年代以前に建てられたもの」「残しておかないと絶対損するもの」という二点です。

Qurren / CC BY-SA (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)

発行の1994年当時で既に「昭和二十年代」から少なくとも40年が経過しており、写真で見るだけでも存続が危ぶまれるレベルのくたびれた駅舎も多く見られます。経年劣化に伴う建て替え、新たな耐震・防災基準に適合するためなど理由は様々ですが、当時の姿をとどめているのは100駅のうち半数ほどです(2020年現在)。

建て替えだけではなく、災害で失われた駅舎もあります。JR九州・日田彦山線の香春駅(福岡県田川郡香春町)は1995年に火事のために全焼。阪急電鉄神戸本線の三宮駅(兵庫県神戸市)は阪神淡路大震災によって受けた損傷のため解体。香春駅と同じ路線の大行司駅(福岡県朝倉郡東峰村)は2017年7月に襲った九州北部豪雨による土砂崩れで倒壊、建て直しを余儀なくされました。

最近では改築の際にも利用者・住民に親しまれた姿をできるだけとどめたまま改築を行う例も見受けられます。しかし高架化や橋上駅舎化などでは伝統的な意味での独立した駅舎の建物自体がなくなってしまうケースも多々あります。

そのような流れの中で歴史的・文化財的な価値を認められた駅舎もあります。京成電鉄京成本線の博物館動物園駅(東京都、台東区)は1997年に休止後、2018年には東京都選定歴史的建造物に選定、近鉄山田線の宇治山田駅(三重県、伊勢市)は2001年に国の登録有形文化財に登録されました。

これら以外にも建て替えの際に住民グループの働きかけなどで旧駅舎を行政や企業が保存・再利用するケースもあります。有名なところでは曳家によって元の位置から18メートル移動され、観光案内所として利用されている奈良駅があります。これは理想的な例で、普通に奈良駅を利用する際に旧駅舎を鑑賞することが可能です。

続きを読む 日本の駅舎 残しておきたい駅舎建築100選

日本の滝100選

日本の滝100選は、緑の文明学会・グリーンルネッサンス・緑の地球防衛基金の3団体からなる日本の滝選考会が、当時の環境庁(現・環境省)と林野庁などの協力のもとに1990年に選定した、日本を代表する100の滝です。

大分帰省中 / CC BY (https://creativecommons.org/licenses/by/3.0)

日本国内には名前のついた滝は2,500から15,000あるとされています。滝を観光資源として、駐車場や展望台を整備している自治体もありますが、中にはアクセスが困難または登山に準ずる装備が好ましい場所もあるので、訪れる際には事前の下調べが欠かせません。

続きを読む 日本の滝100選

日本百名谷

「日本百名谷」は1983年に白山書房から発行された同名の書籍に掲載された、日本を代表する百の沢谷のルートです。

yuukokukirei / CC BY (https://creativecommons.org/licenses/by/3.0)

選定の経過や基準は明らかにされていませんが、いずれのスポットもドライブや旅行の途中で気軽に立ち寄るといったものではなく、本格的な沢登りを楽しむ人が対象とされています。百の谷を解説するのは64人の一流の遡行家で、紀行文も専門用語が散りばめられた本格的なものとなっています。


一般の向けの百選ではありませんが、美しい写真と引き締まった文章を読んでいると沢登りの楽しさ、大変さが伝わってきます。

日本の駅100選

『日本の駅100選 見直したい日本の「美」』は2010年に主婦の友社から発行された同名の書籍に掲載された駅の百選。選定を行ったのは鉄道・旅行ライターの原口隆行氏です。

ヒタチギ / CC BY-SA (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)

選定基準となったのは以下の三点です。

  • JRに所属する駅
  • 明治・大正・昭和初期の建築様式をとどめている
  • ある程度知名度があり、比較的訪ねやすい

さらに「開業当時のままの駅舎か、もしくは2、3代目であっても、駅の歴史を感じさせるもの」が選ばれています。

本書が発行されて今年で10年を迎えますが、この間に既に建て替えられてしまった駅もあり、訪れるなら早い機会をつかまえるべきでしょう。首都圏・都市圏の駅も紹介されているので、買い物やお出かけの際にも気軽に訪ねてみることができるのが嬉しい百選です。

日本の絶景&秘境100

「AMAZING SPOT 日本の絶景&秘境100」は2014年に朝日新聞出版から出版された同名の書籍に掲載された、日本国内の絶景と秘境スポットです。「きっと日本が好きになる。もっと日本が好きになる。感動にパスポートはいらない。」をキャッチコピーに、風景、自然現象、お祭り、建造物、寺社仏閣などさまざまな絶景スポットを取り上げています。

Snap55 at Japanese Wikipedia / CC BY (https://creativecommons.org/licenses/by/3.0)

すべてのスポットが美しい写真とともに紹介されていて、絶景写真を撮りたい方にはアングルや構図の参考にもなります。

同じ「秘境」という言葉を含む「日本の秘境百選」と比べて圧倒的に観光よりで、書籍にはアクセス情報はもちろんモデルルートまで掲載されてるスポットもあります。巻末には各スポットが予算別に分けられていて、旅の計画を立てる際の目安にもなるでしょう。

続きを読む 日本の絶景&秘境100

未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選

「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」は水産庁が2006年(平成18年)に発表した百選です。日本には海岸線5.5kmに1つの割り合いで漁村があり、その数は6,000を超えます。日本人の生活の手段として全国津々浦々に長い間、根付いている漁業にまつわる建築、土木、史跡、遺跡、その他工作物を公募により募集し、選定委員会によって選定されました。

JH0WJF / Public domain

歴史的・文化的な色合いが強く、一般の観光客の興味を必ずしも引くものばかりではありませんが、公式ウェブサイトに紹介されている資料などを読むと、それぞれの土地にとっての大切さが伝わってきます。その上で訪れてみれば、単なる物珍しさだけではない意義深い訪問になるのではないでしょうか。

続きを読む 未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選

日本百景(1927年)

日本百景は1927年に、大阪毎日新聞社、東京日日新聞社主催、鉄道省後援で選ばれた日本を代表する100の景勝地です。

E-190 / CC BY-SA (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/)

海岸、湖沼、山岳、河川、渓谷、瀑布、温泉、平原の8部門で一般からの投票を募り、各部門の上位10か所のなかからまず「日本新八景」として8か所、次に「日本二十五勝」として25か所が選ばれました。そのあらためて候補に上がった風景から100か所が選ばれました。つまりこの「日本百景」は「日本新八景」「日本二十五勝」を抜きにしては語れないものなのです。

しかし知名度においては「日本新八景」「日本二十五勝」より優れていると思われます。その後も「新日本観光地百選(1950年)」「新日本百景(1958年)」「新日本旅行地100選(1966年)」「新日本観光地100選(1987年)」など類似の百選が選ばれています。都道府県の数が47なので各都道府県から1〜4か所が選ばれるなど、ある程度の公平性を確保できることも「百」が人気である理由の1つです。

続きを読む 日本百景(1927年)

名水百選

名水百選は1985年(昭和60年)に当時の環境庁(現・環境省)が選定した100か所の湧水・河川(用水)・地下水のことです。

Nao Iizuka from Tokyo, Japan / CC BY (https://creativecommons.org/licenses/by/2.0)

多くの百名選、特に行政が主導して行ったものとしては異例といってもいいほど力が入っており、2008年(平成20年)にはあらたに「平成の水100選」を重複することなしに新たに選定しています。2015年(平成27年)にはこれらの名水200を対象とした「~名水百選30周年記念~「名水百選」選抜総選挙」を実施し、48箇所(種類)の「名水百選カード」を作成するほどです。

名水といっても必ずしも飲んで美味しい水、ということではなく地域住民が積極的に保全につとめている水・水環境が選ばれています。名水スポットのなかには国立公園内にあるものや、天然記念物や世界遺産に指定されている場所にあるものもあります。

ドライブなどの際にはペットボトルを用意しておいて、近くに立ち寄る機会があれば汲んでみてはいかがでしょうか。飲用の際には自治体に確認することがすすめられています。必要であれば煮沸するなどの準備をする必要があります。

続きを読む 名水百選

春夏秋冬の絶景駅100選

「生涯一度は行きたい春夏秋冬の絶景駅100選」は、「メルヘン」をテーマに主に地方ローカル線の駅の撮影を中心に活動する駅旅写真家の越信行氏が、今まで訪れた日本全国4,500駅のなかから厳選した100の駅です。

Makke, Oku-oi Rainbow Bridge on Oigawa railway, CC BY-SA 3.0


南北に長い日本列島の津々浦々に張り巡らされた鉄道は、その地域・場所によって驚くほどバラエティに富んだ顔を見せてくれます。また同じ駅でも季節によってまったく違った趣を感じさせてくれます。この100選では春夏秋冬四つの季節ごとに、「そこにしかない、その季節にしか見られない日本の鉄道風景」を紹介しています。


書籍では美しい写真にくわえて「駅を美しく撮るカメラ術」と題したコラムも三編掲載されています。自らを「駅旅写真家」と称する筆者ならではの駅と風景、季節を組み合わせたカメラ術がコンパクトに紹介されています。訪れた際に自分でも思い出に残る素晴らしい写真を撮ってみたい、と思う人にはとても参考になります。

この他にも当サイトでは鉄道に関する百選を紹介しています。

続きを読む 春夏秋冬の絶景駅100選

ニッポン絶景ロード100

「ニッポン絶景ロード100」は2016年3月31日に枻出版社が発行した同名のムックに掲載されている100の道路です。

(Licensed under CC BY 4.0)https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/

一度は走ってみたい絶景ロードを完全収録!

全国から選りすぐりの絶景ロードを北からエリアごとに収録。ドライブ、バイクツーリング、サイクリングといろいろなシーンで、日本全国の絶景に出会える1冊です。(出典:Amazon.co.jpの商品紹介)

山肌を縫うようなワインディングロード、海沿いのひたすら真っ直ぐな道、陸と陸をつなぐ橋など、いずれも劣らぬバラエティにとんだ景色を楽しめる道が紹介されています。絶景ロードとして取り上げらている少なくない道が元有料道路で、かつてはお金を払わないと通れなかった道が無料で楽しめる、というお得感も味わえるのが特徴です。

制覇の難易度はやや高いといえます。山間部、特に降雪地帯では冬季に閉鎖される道路も多く、訪れることができる期間が限られます。また自動車専用道路は自動車またはオートバイでないと訪れることはできず、中でも「白山白川郷ホワイトロード」は二輪車の通行はできません。逆に「乗鞍スカイライン」は一般車両は通行することができないので、バスに乗り換える必要がありますが自転車は走行可能なのが面白いところです。

続きを読む ニッポン絶景ロード100